お通夜
お通夜は、午後6時か6時半に始まるのがほとんどです。

お経は、弘宣寺では「新編 勤行聖典」(しんぺん ごんぎょうせいてん)と、「讃仏偈」(さんぶつげ)の二つ。もしくは、「正信偈」(しょうしんげ)だけ、と二通りあります。お経の時間は、二つとも30分くらい。その後に、お坊さんのお話が10分から15分くらい。全体で、1時間くらいです。

お通夜では、黙って座ってるだけでいいです。お寺では座布団ですが、葬儀会場はほとんど全部イスですので、正座に苦しむことはありません。
お焼香は、自分の座ってる場所までまわってくるので、まわりのやり方に合わせてしてください。

お通夜は、遺族に招かれてなくても自分が行きたいと思ったら参加していいです。誰でも参加できるのが、お通夜です。

香典は、受付に出します。香典の袋には、自分の名前と住所を必ず書いてください。受付から領収証を渡されるので、受け取ってください。
 
 
お葬式
お葬式は、午前9時か10時に始まるのがほとんどです。

お経は、弘宣寺では「正信偈」(しょうしんげ)です。お経と、そのほか合わせて40分くらい。全体で、1時間くらいです。

参加する人は、黙って座ってるだけでいいです。お寺では座布団ですが、葬儀会場はほとんど全部イスですので、正座で苦しむことはありません。
お焼香は、自分が座ってる場所までまわってくるので、まわりの人のやり方に合わせてしてください。

お葬式は、遺族に招かれなくても、自分が行きたいと思ったら参加していいです。誰でも参加できるのが、お葬式。無礼ではありません。

香典は、受付に出します。香典の袋には、自分の名前と住所を必ず書いてください。受付から領収証を渡されるので、受け取ってください。
北海道以外では、受付に香典を出しても領収証は出ません。領収証が出るのは、北海道だけです。
 
 
忌中引
忌中引とは、火葬場でお骨にした後に葬儀会場(お寺)に戻り、もう1回お経をすることです。
この時に、初七日、49日、100カ日の取り越し法要も一緒に行います。
一緒に行いますが、初七日、49日、100カ日は、正式な日にもう一度やる家がほとんどです。

忌中引のお経は、弘宣寺では、「仏説阿弥陀経」(ぶっせつ あみだきょう)です。お経の時間は、25分くらいです。その後に、遺族の挨拶があって終わります。
全体で、30分くらいです。

忌中引への参加は、お葬式の終わった後に、遺族に招かれた人だけ参加します。招かれてないのに参加するのは、無礼です。

忌中引が終わった後は、引き出物が出る場合がほとんどです。
 
 
家族が亡くなったら
家族が亡くなってから、枕経(まくらぎょう)、仮通夜(かりつや)、お通夜(おつや)、お葬式(おそうしき)、忌中引(きちゅうびき)、初七日(しょなのか)、49日(しじゅうくにち)、100カ日(ひゃっかにち)までの供養の流れ、やりかた、心の準備を書いてます。

ここをクリックすると、詳しい内容が見れます。
 
 
初七日、49日、100カ日の調べかた
初七日、2七日、3七日、4七日、5七日、6七日、49日、100カ日の調べかたです。とても複雑に思えますが、カレンダーか、Microsoft Excel があれば、簡単に調べられます。

ここをクリックすると、調べかたのページに移動します。
 
2009年(平成21年)版の、初七日、2七日、3七日、4七日、5七日、6七日、49日、100カ日の一覧表です。

調べかたをおぼえるよりも、日にちを知りたい人は、こちらをクリックしてください。
 
 
Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML  /   RSS
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。